中華飯店 利喜(としき)自家製麺に合わせたスープ

中華飯店 利喜 ワンタン麺会津若松
中華飯店 利喜 ワンタン麺
このブログの食べ歩きマップ:会津若松近郊編会津広域編

中華飯店 利喜 (としき)の麺が手打ち(自家製麺)なのかどうか気になっていて、それで頭の中で中華飯店 利喜がグルグルしていました。いつも家族で外食するのですが、今回はお一人様でワンタン麺を食べてきました。
利喜の麺は、他所のお店ではみない麺で、味わい深いとても気に入った麺です。もしかして「手打ち?」という感想でいましたが、前に来店したときはお腹がいっぱいで聞くこともなく帰ってしまいました。

ワンタン麺

ワンタン麺、700円です。
ラーメンが600円なのですが、とても+100円とは思えないワンタンが入っています。ワンタンは大きく、具もたっぷりで、それが沢山入ってます。
ワンタンの大きさですが、市販のワンタンの皮の倍はありそうです。
具は3倍(家で作るときの)はありそうで、肉・肉・肉って感じです。

中華飯店 利喜 ワンタンの下
中華飯店 利喜 ワンタンの下

ワンタンの下のラーメン具材達(綺麗な写真にならなくてすみません)
チャーシュー、シナチク、ホーレン草、ナルトが入ってました。
メニューのラーメンの具材がそのまま入っていて、そこにワンタンがのってます。
チャーシュー、シナチクは味が濃い目です。
このチャーシューはちゃんと肉の旨味が伴っています。味の濃いチャーシューは肉の味がぼやけ気味ですが、噛めば噛むほどちゃんと肉の旨味がします。その上で、見た目通りの柔らかなチャーシューです。存在感を残しつつ、この柔らかさ加減は絶妙に思います。シナチクも同様です。
チャーシュー、シナチクは、そのまんまご飯のおかずになりそうです。ラーメン+ライスにとても合いそうです。

自家製麺、自家製のワンタンの皮、餃子の皮も手打ち

中華飯店 利喜 麺
中華飯店 利喜 麺

麺のアップです。
麺はそれほど太くは無く縮れも強くありません。それでいてコシがあって味がとてもよくします。一人前としては量も多めに思います。

さて、今回はこの麺が手打ち(自家製)なのかどうかを知りたかったのですが、かつてお店でそんな事を聞いた事はありません。失礼になってしまいそうですし、製麺所の営業とか勘違いされても嫌です。
お店に入ると、座敷の各卓に人が座ってましたので、カウンターに座らせてもらいました。ちなみに利喜のカウンターは3人は座れそうですが、椅子は一脚しかありません。
カウンターの目の前が厨房なので動きはよく見えます。コンロはカウンター前の台のすぐ後ろにあって見えませんでした。
料理は1人で作られてます。
カウンターの台を介して配膳されて行きます。
「にらレバー炒め定食」これは美味しいです(食べてませんが)
「焼肉定食」これも美味しいです(食べてませんが)
「ラーメン」「ワンタン麺」「カツ丼」「チャーハン」が目の横をお通りです。
自分のワンタン麺も途中でやってきて食べてました。
食べ終わって精算をお願いしたとき、調理の手が止まりました。そこでチャンス到来と聞いてみたわけです。
麺もワンタンの皮も餃子の皮も自家製というお話でした。
餃子が大きいのも、ワンタンが大きいのも、自家製ならば納得のサイズです。
またコシが強いので、ワンタンも食べているうちにトロトロテロテロになりません。
ここまで、スープの話をしてませんが、自家製の強い麺に負けない強いスープで利喜ならではのラーメンになっています。食べ始めのスープの香りも良いです。

店内、他

中華飯店 利喜(としき) メニュー
中華飯店 利喜(としき) メニュー
中華飯店 利喜(としき) カウンター調味料
中華飯店 利喜(としき) カウンター調味料

カウンターにメニューはおいてありませんでした。頭の上の壁に貼ってあります。調味料はおいてありました。
カウンターを通して、配膳出しと下げをやられてました。
椅子を動かして、カウンターの真ん中に座ってしまった為か、左側で配膳出し、右側で配膳さげが行われました。なるほど、これだと2脚とか置けないかもです。

所在地、地図

名称:中華飯店 利喜
所在地:〒965-0842 福島県会津若松市門田町大字中野屋敷20

前に行ったときの投稿に
「餃子定食、餃子」「煮込みカツ丼」「みそタンメン、五目そば、ワンタン麺」「店内、メニュー、店舗外観」のことが書いてあります。ご覧下さい。

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました