東山温泉エリアの食事処

東山温泉は会津の奥座敷と呼ばれます。鶴ヶ城から南東に約3km、会津若松市の町中からとても近い場所にありながら、大きな温泉街となっています。湯川(ゆがわ)沿いに旅館やホテルが並び、風情のある景観が楽しめます。
会津藩松平家の別荘から発祥した「新滝」、会津藩指定保養所の歴史を持つ「向瀧」、新撰組副長・土方歳三が戦傷を癒した源泉を持つ「不動滝」など、滝の付く名称や歴史的な由来を持っている旅館が多いのも特徴です。

クリック、よろしくお願いします(同一パソコンからは1日1回のみ集計になります)

東山温泉

[東山温泉]よしのや食堂、ラーメン、カツ丼、いろいろ

よしのや食堂さんは東山温泉街の中にあります。東山温泉の入り口に三叉路がありますので、会津若松市内からですと三叉路を右へと進みます(川側の方、山側で無い方)。 東山温泉、三叉路 途中、東山温泉駅(東山温泉バス停、東山観光協会)を...
タイトルとURLをコピーしました