Macのバックアップ タイムマシン の勧め、設定

Apple MacBook AirSynology
Apple MacBook Air

Synology -> Macのバックアップ タイムマシン & Synology NASの設定

タイトル解説 マック とか タイムマシン とか

なんか、タイトルが暗号ですよね。わかる人にだけわかるって感じ。
そもそも「タイムマシン」が???なんだと思います。
ここで言う「タイムマシン」とは、
タイムマシン(Time Machine)は、Macに標準で入っているバックアップソフト(機能)の名前。
Appleは素晴らしいバックアップの仕組みを作りました。それが「タイムマシン」と呼ばれるアプリです。一度、環境を整えておけば大抵はうまくやってくれます。
コンピュータの世界で「機械がうまくやってくれる」とは当たり前のことで、その為のソフトウエア(アプリ)です。
最近のWEBアプリは最悪で、よくまあこれを使わせようとするもんだとビックリです。
開発側も悪いけど、依頼側は最悪です(これで、それで、市民に使わせようとするんだから)

MacはiPhoneで有名なApple(アップル)のコンピュータの総称。MacBook(マックブック)とかはよく耳にするかもしれません。
Synology NAS は、SynologyというメーカーのNAS(ネットワーク上のデータ記憶場所)
写真はさかなさん(つれあい)のMacBook Air。自分のはキートップが一部剥げているので。

NASを推奨、外付けHDDも可だけど

外付けHDDに環境を整えて、設定を行ってタイムマシン(バックアップ)を行うことは可能ですが、あまりお勧めしません。
なんとなく、ちゃんとバックアップされるのが理想で、そのようにタイムマシンは設計されています。
外付けHDDにバックアップする場合は、バッアップ用(タイムマシン用)に用意された外付けHDDを接続しなければなりません。
デスクトップMACなら繋ぎっぱなしで忘れないかもしれませんが、うちはノート(Air)ですし、2台持ちなので外付けでも安くはなりません(外付けHDDが2組必要になる)。
そんな背景から、ウチではNASにタイムマシン設定を行いました。
NASはSynologyです。
他のメーカーでも考え方は同じなので参考にされてください。

R
R

SynologyのNASは、そもそもは携帯(iPhone)の画像をバックアップしていたGoogleフォトの代替として購入。
加えて、自分のMacBook Airが128GBの容量しかない(iPhoneと同じ容量)ので、外付けDisk&バックアップにも使えるものとしてSynologyを選んでます。他メーカー品もできそうですが、システム的にオープンな感じのSynologyの方が気にいったので。

Mac タイムマシン とは 仕様・仕組み サイクル 外付けHDD

一般にMacのタイムマシン(バックアップ)は、外付けHDDを一台まるまるタイムマシン用に使います。
タイムマシンは以下のバックアップを行います。
・ローカルスナップショット(空き領域がある場合)
・過去 24 時間分の毎時間
・過去 1 か月分の毎日
・過去のすべての月の 1 週間
条件が整っていれば、上記の内容でバックアップされます。
バックアップディスクの容量がいっぱいになると、一番古いバックアップが削除されます。

タイムマシンは、最初にフルバックアップを行い、次のバックアップからは、変更や追加、削除のあったファイルの情報を保存していきます。
最初のバックアップは時間がかかりますが、購入してすぐに行えばよっぽどマシです。
2回目からのバックアップはそれほど時間はかかりません。
バックアップ中、Macは普通に使えます。
設定さえ行えば、バックアップされていることは忘れてしまって構いません。好きな時に電源を入れ、好きな時に電源を落としてもタイムマシンは正常に処理を継続します(たぶん、そうであれ)。

ここではバックアップ先に外付けHDDではなく、SynologyのNASをバッアップ先にする設定を行います。

重要な注意点

SynologyのNAS設定に大きな注意点はありません。手順通りでできますし、仮にうまくいかないことがあってもやり直せば済みます。
Macの設定では、仕様として「複数のアカウントで同時マウントは出来ません」その為に手順を誤ると「サーバーへの接続で問題が起きました」となって設定が進まないことがあります。
こちらで解決するかもしれません→Apple Mac「サーバーに接続できません」解決

このページの内容補填
このページは2021年08月現在、DSM7.0日本語版、ext4ファイルシステムのボリューム、SMB接続の資料になります。
macOS Sierra(10.12)以降、Time MachineはデフォルトのプロトコルとしてSMBを使用します。 
下記がSynologyの公式になる「Time Machineを使ってMacからSynology NASにファイルをバックアップするには?」です。

Time Machine を使って Mac からSynology NASにファイルをバックアップするには? - Synology ナレッジセンター
Synologyナレッジセンターは、よくある質問への回答、トラブルシューティングの手順、ソフトウェアチュートリアル、必要なすべての技術ドキュメントを提供します。

上記、Synologyの公式をご覧になって、もうこれで十分という方は、以下は不要になります。

NAS 共有フォルダの作成(バックアップ領域)

共有フォルダの作成1
共有フォルダの作成1

バックアップ用にフォルダを作成します。
通常の共有フォルダの作成と同じです。
「マイ ネットワーク」でこの共有フォルダを非表示にするにチェックを入れるとMac側でフォルダ選択できなくなるのでチェックを入れません
バックアップ専用になるのでゴミ箱機能は不要です。

共有フォルダの作成2
共有フォルダの作成2

フォルダの暗号化の設定です。公式を見ると勧めないとありますので、それに従います。

共有フォルダの作成3
共有フォルダの作成3

設定の確認です。

ユーザー許可の構成
ユーザー許可の構成

共有フォルダをどのユーザーにアクセス許可を与えるかの設定です。
バッアップ専用のユーザーを作成しますので、ユーザーに割り当てずに(チェックを入れない)適用ボタンを押します。

NAS バックアップ専用ユーザーの作成

バックアップ専用のユーザーを作成してバックアップ容量の制限を行います。
最初、一般ユーザーに割り当てて行いましたが、ext4ファイルシステムでは、クオータ(使用容量の制限)がボリューム単位のユーザー単位でしか行えないため、将来的にバックアップで容量が使い切られてしまって他の使用ができなくなってしまいます。

バックアップ専用ユーザーの作成
バックアップ専用ユーザーの作成

名前を入力します。mac1-time-machineとか分かり易い名称にしておきます。
パスワードを入力します。ランダムパスワード生成でもいいですが、ちゃんと記録しておきます(カット&ペーストできます)

グループの設定
グループの設定

グループの設定です。
バッアップ用グループを作成して管理するのもいいのですが、ここではユーザーに入れておきます。

共有フォルダの権限を割り当てる
共有フォルダの権限を割り当てる

共有フォルダの権限を割り当てます。
作成しておいたタイムマシーン用の共有フォルダにチェックを入れます。
読み取り/書き込みの両方の権限が必要です。

クオータの設定
クオータの設定

バックアップディスクサイズ – HDDの容量について

Apple公式-Time Machine で Mac をバックアップする
を読むと、バックアップの容量は、Macのディスクの2倍以上が理想とあります。
使用容量の制限(クオータ)を設定しなければ、SynologyのNASがフルになるまでMacのバックアップ(タイムマシン)を取れますが、ファイルサーバーとしての容量確保もあって設定しておきます。
最初にフルバックアップされた後は、変更・追加のファイルだけが対象になりますので、Macの2〜3倍もあれば何十世代ものバックアップが可能です(Macの使い方にも依ります)。
自分のMacBook Airは128GBなので3倍だと最大で384GBになります。実際にはディスクフルの状態でMacを使うことはありませんから 300GBでも十分かと思いますが、ストレージには余裕もあったので400GBに設定しておきました。

アプリケーションの割り当て
アプリケーションの割り当て

アプリケーションの割り当てです。
ユーザー/パスワードが突破された後の心配になりますが、使用できるアプリケーションを設定して制限をかけます。バックアップではSMBしか使用しないので、SMBのみ許可、他を拒否にしておきました。

ユーザー速度制限の設定
ユーザー速度制限の設定

ユーザー速度制限の設定です。
SMBの速度制限の項目はないようです。

設定の確認
設定の確認

設定の確認画面です。
申請システムや承認システムでは、最後に確認画面が必要とは思いますが、後から修正すればいいだけのものに最後の確認画面は冗長なだけでいらないと思うのですが。多分、「必要だよね」という人がいるんだろうな。

ファイルサービスの設定

ファイルサービスの設定 SMB
ファイルサービスの設定 SMB

コントロールパネル→ファイルサービス
SMBタブで、SMBサービスを有効化にチェックが入っていることを確認。
NASとして使用している場合、既にチェックは入っていると思います。
下の方にある、PC、Macの所にネットワークの接続文字列が表示されますので、Macで設定するときには使用します。

Bonjour設定
Bonjour設定

詳細タブにBonjourの設定があります。
Bonjour(ボンジュール)は、Apple(アップル)のコンピュータに機能として実装されている。タイムマシンを利用するのに必要です。
Bonjourサービスを有効してSynology NASを検索するにチェックを入れます。
SMBからのBonjour Time Machine ブロードキャストを有効化するにチェックを入れます。
Time machine フォルダの設定をクリックします。

Time Machineフォルダの選択
Time Machineフォルダの選択

先にバックアップ用に作成した共有フォルダをTime Machineフォルダとしてチェックを入れます。

注意のメッセージ
注意のメッセージ

設定を反映させようとすると、注意のメッセージが表示されます。
この設定を行うと、
SMB3 Windows ファイルサービス
Opportunistic Locking(ファイルのロックシステム)
SMB耐久処理
SMB2 リース
これらも有効化するよ、という案内です。それが何者とはいえ、いやだと言ったらTime Machineが使えないわけなので、はいを押します。

Mac バックアップ専用の共有フォルダへの接続

Mac サーバー接続
Mac サーバー接続

Finderを起動(アクティブに)させると、画面上部のメニューがFinderのメニューになります。
この中の移動メニューの一番下にサーバへ接続がありますのでクリック。

Mac サーバー接続
Mac サーバー接続

Synology のDMSのファイルサービス画面(下記の画像)にある、Macへの接続アドレスを記入します。
smb://Synologyシステム名
になっている筈です。
固定IPに設定した場合、smb://IPアドレス
でも接続できます。
ローカルネットワークで運用する場合、システム名で運用するメリットは少ないのでIPアドレスで接続しておいた方が無難かもしれません。

ファイルサービスの設定 SMB
ファイルサービスの設定 SMB
Mac サーバー接続
Mac サーバー接続

接続をクリック

Mac サーバー接続 アカウント認証
Mac サーバー接続 アカウント認証

アカウントは、作成したバックアップ専用ユーザー名&パスワードです。
重要:「このパスワードをキーチェーンに保存」はチェックしません
バックアップ専用ユーザー&パスワードがキーチェーンに保存されてしまうと、この後で一般ユーザーでのマウントができなくなってしまいます。

Mac サーバー接続 フォルダ選択
Mac サーバー接続 フォルダ選択

フォルダの選択です。作成したバックアップ専用の共有フォルダを選択してOKです。
ここでは「Mac1 Time Machine」を選択しました。わかりやすい名称にしておくと間違いがありません。

Mac Time Machine(タイムマシン)の設定

Mac システム環境設定
Mac システム環境設定

Macの右上のAppleマークから、システム環境設定をクリック

Mac Time Machine
Mac Time Machine

Time Machineをクリック

Time Machine ディスク選択
Time Machine ディスク選択

バックアップディスクを選択をクリック

Mac バックアップディスクの選択
Mac バックアップディスクの選択

サーバxxとサーバxx.localの2つがあります。
よくわかりません。サーバXXのディスクを利用します。

Mac Time Machine
Mac Time Machine

バックアップを自動作成にチェックを入れます。
チェックが入るとバックアップがスケジュールされます。
このチェックのON/OFFがバックアップのON/OFFになります。
「Time Machineをメニューバーに表示」というチェックボックスがありますからチェックしておきます。

Mac TimeMachine オプション
Mac TimeMachine オプション

オプションをクリックすると、バックアップ対象から除外する項目が編集できます。
バッテリー電源使用時にもバックアップを作成が選択できます。これは、バッテリー電源使用時にはバックアップがされない、という意味にもなります。

Mac TimeMachine
Mac TimeMachine

しばらくするとバックアップが開始されました。

macタイムマシーン削除

ディスクがいっぱいになった場合、一番古いバックアップから削除されます。
容量の設定が適切であれば、古いバックアップを削除する心配はありません。

macタイムマシン復元

タイムマシンに保存されたデータを復元します。
環境(ネットワークやNASの機種)によって操作感が変わります。
ウチは、Synologyでも一番遅い部類のNASを使用していますので、タイムマシンに入ってから、画面が変わるのには時間がかかります。のんびり、ゆっくりやってます。

macタイムマシーン復元
macタイムマシーン復元

メニューバーにタイムマシンのアイコンがありますのでクリックします。
画像にFinderが入ってますが、Finderを開いている必要はありません。
ただ、先に復元したいデータのあるフォルダを開いておくと、そのフォルダでタイムマシンが起動してくれます。

macタイムマシーン復元  Time Machineに入る
macタイムマシーン復元 Time Machineに入る

「Time Machineに入る」を選択、クリックします。

macタイムマシーン復元  Time Machineに入る
macタイムマシーン復元 Time Machineに入る

「Time Machineに入る」と、Finderがカスケードされたような画面になります。
復元したいフォルダへ移動します。
先にFinderでフォルダを開いていると、そのフォルダでタイムマシンに入れます。

macタイムマシーン復元  Time Machine操作
macタイムマシーン復元 Time Machine操作


復元したい日時を選びます。
Finderの右側に、上下ボタンと更に右にスライドで日時が選べるようになっています。
ウチの場合、ボタンだと動作が遅いのでスライドで目的の日時を選ぶ感じです。

macタイムマシーン復元  Time Machine操作
macタイムマシーン復元 Time Machine操作

復元したい日時を選ぶと、その日のフォルダ内容が表示されるので、復元したい目的のデータを選択し、右下にある「復元」ボタンをクリックします。

データが現在のFinderに復元されます。
もし同じデータが存在する場合は、メッセージがでます。

macタイムマシーン復元  Time Machine操作
macタイムマシーン復元 Time Machine操作

・オリジナルを残す<-何もしない
・両方とも残す
・置き換える
から操作を選択できます。

削除してしまったデータばかりではなく、以前のバージョンのデータも復元できるの便利です。

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました