会津の天神様 シュールな張子人形

会津の天神様工芸
会津の天神様

会津の天神様は、胴体が張子で作られた人形で、今から四百年余り前、会津藩主、蒲生氏郷(がもう うじさと)公が作らせたのが始まりとされています。
桃の節句に、お雛様の他に「会津天神様」を飾る風習があったそうですが、ウチでは年中飾ってあります。
天神様なので、菅原道真(すがわら みちざね)を祀った人形になります。
童謡「通りゃんせ」の天神様です。

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

菅原道真は、学問や書道の神様です。
多くの神社が神話に出てくる神や天皇を祀っていますが、菅原道真は天皇の臣下で、学問に秀で、学者、政治家、文人と活躍した人でした。
人が神様になった稀有な例になります。
その菅原道真が神様として祀られるようになったのは、政争に巻き込まれ、九州に左遷されて失意のうちに亡くなった後、都で疫病や火災が相次ぎ、それが菅原道真の祟りと信じられた為、そこで神様として祀って祟りを鎮めようとしたようです。
菅原道真(すがわら みちざね)を祀る神社は天満宮あるいは天神社と言い、天満〜、天神〜、菅原〜と呼ばれる宮や神社になります。

会津の天神様は、概ね写真のような姿形です。胴体は張子で、これは赤べこ起き上がり小法師と同じです。手作り品でお顔立ちが一つ一つ異なります。(現在はどうなんでしょう、ずっと手作りであって欲しい物ですが)

会津の天神様、お顔
会津の天神様、お顔

お顔のアップです。お顔は張子ではありません。
端正で綺麗なお顔です。
ウチのはキリリとしたお顔立ちで気に入ってます。
お帽子は、烏帽子(えぼし)では無くて、冠(かんむり)と呼ばれるもののようです。
横の棒は、髷(まげ)を上方向に止める仕組みになります。あの長い冠の中は束ねた髪が入っている訳です。

最近、会津の天神様を売られているお店を見かけなくなりました。探さないから目に入らないだけなのかもしれませんが。

会津の天神様がありました。でも、ウチの方がお上品な感じがしますが(ウチの子の方がぁぁぁ)

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました