神指城(こうざしじょう)跡

神指城跡、桜お出かけ
神指城跡、桜

慶長3年(1598年)正月、会津へ移封の命を受けた上杉景勝は、慶長5年(1600)、若松城(鶴ヶ城)の立地が山に近いことを危惧し、周囲が開けていて大川の水を利用できる神指原(こうざしはら)の地に築城を始めました。
慶長5年(1600年)10月の関ヶ原の戦いの後、慶長6年(1601年)8月に上杉景勝は米沢へ移封となり、完成を待たずして神指城は破却されました。

この日は通りすがりに遠くから写真を撮っただけになります。

場所 住所、地図

神指城跡
〒965-0086 福島県会津若松市神指町本丸42

コメント

タイトルとURLをコピーしました