閑月窯 第20回蔵のまちアートぶらり(喜多方市内・北塩原村)

生活の中の器展 閑月窯イベント
生活の中の器展 閑月窯

福島県の喜多方市内・北塩原村の18箇所で「第20回蔵のまちアートぶらりー」が開催されていました。
期間:2020年10月9日(金)~10月18日(日)
その中の一つ「生活の中の器展」へ行ってきました。
場所は「閑月窯」(かんげつがま)です。

生活の中の器展 閑月窯 手代木 進
生活の中の器展 閑月窯 手代木 進

手代木 進は会津本郷の(現在の会津美里町本郷地区)窯元で生まれ育ってます。
会津本郷は会津の陶芸の地で「会津本郷焼き」と呼ばれます。
手代木さんは会津三島町にお住まいでしたが、2003年に喜多方に「閑月窯」を開きました。
ウチの急須はずっと手代木さんのものを使っています。
急須を割ってしまって三島に買いに行った事もあります。三島に行ったということは2003年より前の話になりますから、もう20年くらい手代木さんの急須を使っているのだと思います。

生活の中の器展 閑月窯
生活の中の器展 閑月窯

雄国パノラマライン(県道337号線)にあった案内。
この案内の中から狭い道に入って行きます。ナビの通りに進めば大丈夫でした。

生活の中の器展 閑月窯
生活の中の器展 閑月窯

到着です。

生活の中の器展 閑月窯 玄関
生活の中の器展 閑月窯 玄関

玄関です。置物なのでしょうけど、この急須は凄い。

生活の中の器展 閑月窯
生活の中の器展 閑月窯
生活の中の器展 閑月窯 ランプ
生活の中の器展 閑月窯 ランプ

二間を「生活の中の器展」として公開されていました。
入り口にはランプ類がありました。

生活の中の器展 閑月窯 器
生活の中の器展 閑月窯 器

時代、時代で、色や形が違っているそうです。
今ではいつの作品だか、わからなくなってきたとおっしゃってましたが、どれも温もりと親しみの湧く作品です。

生活の中の器展 閑月窯 器
生活の中の器展 閑月窯 器

大皿の一枚も欲しいところですが、使う機会が少ないのでいつも躊躇われます。

生活の中の器展 閑月窯 カップ
生活の中の器展 閑月窯 カップ
生活の中の器展 閑月窯 片口
生活の中の器展 閑月窯 片口

今まで急須ばかりではなく、カップや湯飲みも割っています。手代木さんは「使っていれば欠けたり割ったりもする。眺めているだけの器より良い」と優しいです。
重なっている皿はセットでお安く売られてました。
片口も大中小と3つが重なるサイズです。

生活の中の器展 閑月窯
生活の中の器展 閑月窯

見ていても楽しいですが、手にとって、お気に入りを探すのも楽しいです。

生活の中の器展 閑月窯 皿
生活の中の器展 閑月窯 皿

ウチにも趣の異なる中皿が幾つかあって、料理に合わせて使っています。
今回は小さな急須を買いました。
急須のあった棚の写真がありません、いつもよく撮り忘れます。

生活の中の器展 閑月窯 急須
生活の中の器展 閑月窯 急須
生活の中の器展 閑月窯 急須
生活の中の器展 閑月窯 急須

家に帰って、早速、お茶を飲みました。
おっと、湯飲みと片口は手代木さんのものではありませんでした。すみません。
でも、急須、いいでしょ(^^;

所在地、地図

名称:閑月窯
所在地:〒966-0017 福島県喜多方市関柴町三津井七反1432

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました