熱塩温泉神社と大杉 喜多方観光

熱塩温泉神社と大杉名所
熱塩温泉神社と大杉

熱塩温泉神社と大杉へのルート

熱塩温泉神社の大杉 案内
熱塩温泉神社の大杉 案内

道の途中に案内看板があって、示現寺(じげんじ)の方から歩いて行ってみると。
「これより100M左折」
(戻るのかい。坂道を)やれやれ、です。
その上、左折の場所がよく分からなくて、沿道にいた人にお聞きしました。
示現寺に向かって、右に「共同浴場」や「ふじや第二駐車場」のある辺りを左折です。

「温泉神社大杉」ではなく「温泉神社大杉」とあるのは、喜多方市指定天然記念物になっているのが「大杉」の方だからです。指定文化財って、間違いです。

熱塩温泉神社の大杉 ルート
熱塩温泉神社の大杉 ルート

清水の出ているところがあって、ここを入って行ってもいいですし。

熱塩温泉神社の大杉 ルート
熱塩温泉神社の大杉 ルート

奥に階段のある道を入って行ってもOKです。
階段の手前に案内板があります。案内板、あんな奥にではなく、道路沿いに作ってくれたら良かったのにと思うのですが。清水のところを入っていくと階段のところで合流します。

熱塩温泉神社の大杉 ルート
熱塩温泉神社の大杉 ルート

階段を登ると、このような道にでます。
階段を登って右折です。
この先へいくと、やぎさん達のいた所にあった砂防ダムへでます。

参道 と 鳥居

熱塩温泉神社 参道
熱塩温泉神社 参道

鳥居が見えるので、熱塩温泉神社への参道とわかります。

熱塩温泉神社 鳥居
熱塩温泉神社 鳥居

注連縄がすごく下がっていて心配。更に奥に神社の社が見えます。

熱塩温泉神社 参道
熱塩温泉神社 参道

見えはするのですが、少し歩きます。

熱塩温泉神社 参道
熱塩温泉神社 参道

根っこが出ています。雨で土が流れてしまったのでしょう。

大杉(市指定天然記念物)

熱塩温泉神社 と 大杉
熱塩温泉神社 と 大杉

案内板があります。

熱塩温泉神社 の 大杉 案内板
熱塩温泉神社 の 大杉 案内板

書き出します。数字はアラビア数字に直しました。

温泉神社の大杉(市指定天然記念物)

温泉神社拝殿前にそびえるこの杉は自然生の杉で、目通り周囲6.5メートル・樹高25メートル位あり樹齢千年とも言われているが定かではない。
元は、この杉の根元に草創の年代は不明であるが、山の神である大山祇神を祀る山神社の小石宮がありその御神木といわれ、旅人の崇敬を受けてきた由緒あるものである。
この杉は永年の風雪に耐え耐え生きつづけてきたが大正9年(1920)4月17日の温泉大火による飛び火によって外皮の一部が焼損しているが、樹勢はまだまだ旺盛である。
この御神木は、本村樹木の中において最も古くから最大であり信仰とまた植物生態学からも貴重な存在である。
現在、杉は本村の象徴の一つであり「村の木」に指定されている。
– 喜多方市教育委員会(指定年月日 平成18年1月4日)

熱塩温泉神社の大杉
熱塩温泉神社と大杉

反対から見たところ。

熱塩温泉神社

熱塩温泉神社
熱塩温泉神社

調べましたが、特に由来とか草創の年とかわかりませんでした。

場所、地図

名称:熱塩温泉神社
所在地:〒966-0101 福島県喜多方市熱塩加納町熱塩熱塩甲831

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました