諸々

会津に暮らすからと言って特別なことはありません。ただ、会津ならではの暮らしがあることも確かです。例えば、会津には映画館がありません、観たい映画があれば、新潟、山形へ行くか、福島市や福島県の郡山市へ行きます。少子高齢化は全国の問題かもしれませんが、地元での就職先もあまりない事から会津外での就職者が多く、子供が育った後に親だけの世帯になることもしばしばです。あれやこれや、メニューに収まらない暮らしのこまごまを綴ってみようと思います。

クリック、よろしくお願いします(同一パソコンからは1日1回のみ集計になります)

工芸

古布・民芸品 笑美(わらび) で赤べこ買いました 会津若松

弟の家族に赤べこを買って送りました。会津で張子を作り始めて140年以上(工芸所としては50年以上)の歴史を持つ荒井工芸所さんの販売を行われている、古布・民芸品 笑美(わらび)さんで購入です。
諸々

あかべこ券 ローカルねたですが、プレミアム商品券の話

会津若松の観光業界を活性化させるための取り組みに「あかべこプロジェクト」というものがあり、その一環として「あかべこ券」の発行事業がありました。「あかべこ券」は会津若松市内の宿泊施設や飲食店、観光施設など使用可能な500円商品券です。500...
イベント

第1回Nゲージまつり – 会津 – HOゲージも走ってました 柳津

Nゲージ (エヌゲージ)とは、鉄道模型の規格で、レールの間隔(軌間)が9mmで縮尺1/148 - 1/160になります。レールの幅が9mmであることから、英語の9(Nine)の頭文字をとってNゲージと呼ばれます。HOゲージ (エイチオーゲ...
お出かけ

神指城(こうざしじょう)跡

慶長3年(1598年)正月、会津へ移封の命を受けた上杉景勝は、慶長5年(1600)、若松城(鶴ヶ城)の立地が山に近いことを危惧し、周囲が開けていて大川の水を利用できる神指原(こうざしはら)の地に築城を始めました。慶長5年(1600年)10...
四季

雪柳(04.19)

近所に咲いていた雪柳、零れ種から咲いて、大切にしていたら今では大きな株になっています。今年も花が咲きました。
工芸

会津の天神様

会津の天神様は、胴体が張子で作られた人形で、今から四百年余り前、会津藩主、蒲生氏郷(がもう うじさと)公が作らせたのが始まりとされています。桃の節句に、お雛様の他に「会津天神様」を飾る風習があったそうですが、ウチでは年中飾ってあります。天...
郷土料理

[会津]輪箱飯(わっぱめし)

[会津]輪箱飯(わっぱめし)は、輪箱の中にご飯と食材を入れて蒸し上げた物で、さまざまな食材の旨みや風味を味わえます。それなりに限られたお店にはなりますが、会津では結構ポピュラーなお店のメニューになっています。
四季

隣(^^; の土地に菜の花が咲きました(4/11)

庭先の菜の花を絶妙なカットで撮ってみました。間違いました、庭先(にわさき)は、「庭で、家の縁側(えんがわ)に近い部分」で、家の敷地内を指す言葉でした。正確には庭の先、隣の敷地の菜の花です。隣の敷地と言っても県の土地で、草刈りとかしてくれる...
工芸

[会津]起き上がり小法師(こぼし)。縁起物で無病息災や家内安全に。

起き上がり小法師(こぼし)は愛らしい面に七転び八起きの精神を宿す縁起物で、無病息災や家内安全を願う会津の伝統工芸品。会津では初市に買い求め、前の年の物は斉の神でお焚き上げしますが、ずっと置いておいても良い物で、贈り物にも喜ばれています。
お出かけ

会津若松市、県立博物館の桜が咲きました-2020

2020年県立博物館の桜が咲きました。会津では早い桜です。翌日にはお城も開花宣言が出て、今年の見頃は12日から17日頃になる予定。今年は、花見で一杯、二杯、三杯が出来なくて残念な方も多いですね。
タイトルとURLをコピーしました