諸々

会津に暮らすからと言って特別なことはありません。ただ、会津ならではの暮らしがあることも確かです。例えば、会津には映画館がありません、観たい映画があれば、新潟、山形へ行くか、福島市や福島県の郡山市へ行きます。少子高齢化は全国の問題かもしれませんが、地元での就職先もあまりない事から会津外での就職者が多く、子供が育った後に親だけの世帯になることもしばしばです。あれやこれや、メニューに収まらない暮らしのこまごまを綴ってみようと思います。

工芸 郷土料理 銘菓

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
諸々

喰丸小(くいまるしょう) 昭和村(福島県大沼郡)

喰丸小で「奥会津の周り方」連続オープンディスカッション第4回目 11.14(土)が14:00〜が行われました。参加したのはつれあいですが、お供について行きました。 交流・観光拠点施設「喰丸小」 昭和12年(1937)に建築され...
2020.11.25
諸々

観光マップ-Rとさかな編

観光マップをGoogleのMyMapsで作成しました。神社・仏閣は入ってません。(一緒にするか分けるか考えてます) マップの右上のボタン「拡大地図を表示」をクリックした方が見易いと思います(全画面になります)。行った投稿はリ...
工芸

会津絵ろうそく本舗 山田商店

会津絵ろうそく本舗 山田商店は、会津若松市で4店目の絵ろうそく製作店になります。絵ろうそくを買おうとしたら製作するお店だったわけです。せっかくでしたので売っていただきました。
郷土料理

高遠そば(たかとおそば)、名前の由来。蕎麦の美味しさの理由

高遠そばの名前の由来は高遠藩からなります。高遠藩(たかとおはん)は、信濃国(南信地方)伊那郡(現在の長野県伊那市)高遠に所在した藩です。信州そば発祥の地となる伊那市にありました。
2020.12.01
郷土料理

こずゆ、ざくざく

こづゆ 内陸の会津地方でも入手が可能な、海産物の乾物を素材とした汁物です。江戸時代後期から明治初期にかけて会津藩の武家料理や庶民のごちそうとして広まり、現在でも冠婚葬祭などハレの席で振る舞われる料理です。自分の家では年末に作...
2020.11.13
郷土料理

会津の馬刺し。ニンニク辛味噌を醤油で溶いて食べます

会津に暮らしていると、馬刺し(さくらの刺身)はスーパーで普通に売ってますし、焼肉屋へ行くと、馬肉の各部位が頼めます。町中を歩くと「馬刺し」の上りをよく見ます(見ているような気がします。「馬刺し」の字があっても珍しくは感じません)、...
2020.11.13
銘菓

松本家本店 老舗ようかん店 水ようかんとみに羊羹をお土産に

松本家 文政2年(1819)創業の羊羹店の老舗です。自分は知らなかっただけの有名店です。近くの卯之家(うのや) で食事をしたところ、割引券がもらえたので羊羹を買ってきました。ミニ小法師コーンも買ってしまいました。
2020.11.18
郷土料理

扇や精肉店 8月29日は「ばにく」の日で馬刺しを食べる

会津で馬肉といえば馬刺しが一般的です。焼肉でも食べますが、スーパーで焼肉用に置いてあることはそんなにありません。煮込み用の馬肉は時折見かけます。スーパーに馬刺しならいつでもありますが、今回は精肉店で買いました。
2020.11.13
諸々

日本三虚空蔵菩薩ってどこだか調べてみました、まとめ

日本三虚空蔵菩薩ってどこだろうと調べていたら、日本三体虚空蔵菩薩、日本三大虚空蔵菩薩、日本三所虚空蔵菩薩とかもありますし、虚空蔵、虚空蔵菩薩、虚空蔵尊とかの名称の差異やらで混乱しましたのでまとめてみました。
2020.10.05
工芸

古布・民芸品 笑美(わらび) で赤べこ買いました 会津若松

弟の家族に赤べこを買って送りました。会津で張子を作り始めて140年以上(工芸所としては50年以上)の歴史を持つ荒井工芸所さんの販売を行われている、古布・民芸品 笑美(わらび)さんで購入です。
2020.11.18
興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました