[会津]輪箱飯(わっぱめし)

田季野、輪箱飯のお弁当郷土料理
田季野、輪箱飯のお弁当

自宅では食べる事がありませんが、会津のお店にはよくメニューとしてあります。
どこでも取り扱えるものではないので、限られていると言えば限られたお店ではありますが。
写真は、会津では輪箱飯(わっぱめし)で有名な田季野(たきの)さんの輪箱飯のお弁当です。竹の子の下に見える丸い天ぷらは、「天ぷら饅頭」です、中はこしあんが入っていて、デザートを兼ねたオカズ?になります(これも会津ではポピュラーな食べ物ですが、全国区的にはどうなんでしょう)。
輪箱(わっぱ)は元々お弁当箱の事ですが、本当にお弁当として提供されているのは田季野(たきの)さんだけかもしれません。(知らないだけでしたら、ご容赦ください)
輪箱飯は、輪箱の中にご飯と食材を入れて蒸し上げた物で、さまざまな食材の旨みや風味を味わえます。
お店のメニューとしては、大抵、時間がかかる、お値段も結構する、というものになります。

田季野、輪箱飯弁当
田季野、輪箱飯弁当

田季野(たきの)さんは、店構えといい、内容といい、お客様をもてなすのに良いお店です。

会津に暮らして、他の地域のことに疎いのかもしれません、輪箱飯も、実は全国津々浦々にあるのではないかと思って調べましたら、新潟の郷土料理と案内されているサイトがあったりもしました。
田季野(たきの)さんが始めたのは、1970年ということなので、郷土料理と呼ぶには日が浅いように思いますが、取り扱いのお店が多いように思いました。気になったので、アンケートを作ってみました。

只見、まほろば、鮎輪箱飯
只見、まほろば、鮎輪箱飯

奥会津の只見町にある「まほろば」さんの「鮎の輪箱飯」です。(2017.03.01)
ちょっとお値段はしましたが、鮎の輪箱飯って珍しいし、山の幸の輪箱飯って会津らしいと思い、悔いのないように頼みました。鮎のほんのりと甘い身と香りがしていいものを食べた満足感がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました