土曜日だけのお試しパン屋さん「パン屋みち」

会津若松

(2022)5月21日 土曜日だけのパン屋さん、カフェタイムでラテも

 夕方17時からだったのですが、ここ2週間は15時から。そして、15時から17時の間はカフェタイムとして、コーヒーやラテが飲めるとありました。ラテ飲みに行きたくて、パンも食べたくて行ってきました。

 少し雨もぱらつく蒸し暑いのか、肌寒いのかよくわからない天気の日。

 15時にはまだ焼き上がっていないパンもあり、お目当てのチーズパンはあと1時間後ということだったので、焼き上がっていたパン(ノアレザンと玉ねぎフォッカッチャ)を選び、ラテをお願いしてしばし読書タイム。

焼きたてパンの香りのよきことよ。

 

読みたかった本とラテ

 これからはパンも一度に焼きあがるのではなく、順次焼き上がるとのこと。次はチーズパンのタイミングにあうといいな。

 それから看板も今回は出ていました。

黄色い看板。パン屋みちさんの描いたものだと思われます。

黄色い看板、すてきな目印。

(2022)5月7日 土曜日だけ、お試しパン屋

 決してパン好きというわけではないのですが、土曜日だけのお試しパン屋さんがあると知り、つれあいもその時間なら(夕方17時〜)なら行けるとなり、よし、行くぞ、「パン屋みち」さんへ。

 火曜日と日曜日のみパン屋さんもあれば、水曜日だけのパン屋さんもあり、土曜日だけのパン屋さんもある。いろいろな形態のパン屋さんがあるって楽しい。

 場所は大町のクラフトビールのお店「pub entrance Uzia」さん。2020年11月12日オープンしたダイニングバー。そうそう、オープンは知っていて、行きたいなと思っていたらコロナでなかなか機会をつくれず、のお店でした。土曜日のパン屋みちさんの日は、向かいの信用金庫さんの駐車場を利用できるようにされているようです。

パブの外観。パンが販売されていることは表からはわかりません。

 パン販売中というのは特に書かれていないのですが、お店の方がドアを開けてくださって、パンですかと確認されたので「はい!」

 焼きたてパンの香りがいい! 奥の方に二手に分かれてパンが置いてあります。お取り置きもできるようでした。

カウンター奥にパンコーナー。そのまた奥にもコーナーがあります。ハード系のパンがずらり。
カンパーニュ、食パン、バゲットなどなど。迷う。

 購入したら、パン屋みちさんの説明書きをいただけました。そこには、材料はなるべく国産のもの、有機のもの、現農薬のものを選んで使っていること、酵母は自分で起こした天然酵母と少しのイースト。生地には卵、乳製品は使っていないことが書かれています。

カカオとライ麦 ビターなチョコ味、とっても美味しい!

 「小さなパンは、なるべく早めにお召し上がりください」とあったので、購入した「カカオとライ麦」はすぐいただきました。まだ少しあたたかく、チョコがとろりとしています。

 国産小麦、国産ライ麦、カカオパウダー、フランスのチョコ、ゲランドの塩で焼かれたパンで、「ライ麦の香りとビターチョコの香りがフルーティ」とポップにありました。

 美味しかった。次の日の食べ方説明も書かれていたので、参考に明日いただきます。しあわせ〜

 そうだそうだ。クラフトビールのお店なのだから、次はビールを飲みにこなくては。店内すごくいい感じ。クラフトビールの種類もたっぷりあるみたいで期待大。

クラフトビールのラインナップがずらーり。飲みたくなります。
パンコーナーはこの奥、店内奥にも席がありました。接客もすごくよかったです。

 

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました