赤れんが 喜多方ラーメン ランチ

喜多方ラーメン 赤れんが喜多方市
喜多方ラーメン 赤れんが

店名を冠した「赤れんが」1,200円

喜多方ラーメン 赤れんが 店名メニュー「赤れんが」
喜多方ラーメン 赤れんが 店名メニュー「赤れんが」

会津(会津地方)においてもオリジナル色の強いラーメンでした。
注文前に「赤れんが」ってどんなメニューかは聞いたのですが、想像の斜め上をいくものでした。
白キクラゲ(入ってます)
豆麩(入ってます)
二大特徴ですが、このビジュアルは想像できませんでした。
トッピングが山盛りされて看板メニューになった感じです。
そもそも、白キクラゲや、色付き豆麩をトッピングすることが珍しいのですが、スープに合っていて違和感はありません。

「そもそも」で言えば、麺の味わいを生かすラーメンが好きな人(Rは)なのですが、赤れんがのスープは麺の味を生かすスープ作りになっていて、如何なるトッピングも麺の味を損なわず、チャーシューさえも強い味を出しながら、麺の味を損なっていないのは凄い事だと思いました。
好みに合った方向で、これほどの高バランスは稀で感動。
あえて言えば、自分には、若干、味が濃いめです。

喜多方ラーメン 800円

喜多方ラーメン 赤れんが  喜多方ラーメン
喜多方ラーメン 赤れんが 喜多方ラーメン

店名を冠した「赤れんが」とベースは同じです。
麺を美味しく食べさせる、というスープ作りは共感します。
スープは「塩ラーメン」っぽく見えるのですが、実際、醤油の風味等は感じませんでしたが、塩じゃね、と思いつつ尋ねると「喜多方ラーメンは醤油ですから」と前置きされつつ「塩醤油です」と言う話でした。
チャーシューはもう少ししっとり感があるのが好みです、脂身もあって美味しいのですが、赤身は味が抜けたように感じました。(好みの話です)
こちらのラーメンはたまに食べたい感じですが、お店が遠い。

お通し

喜多方ラーメン 赤れんが お通し
喜多方ラーメン 赤れんが お通し

喜多方ラーメン 赤れんが お通し
注文から配膳までには必ず時間を要しますので、お通しが出されるのはサービスとしてとても良いと思います。
それが料金に反映されるにしても賛成派です。

メニュー、店内

喜多方ラーメン 赤れんが  小上がり
喜多方ラーメン 赤れんが 小上がり

小上がりです。
この日は使われていませんでした。
丁寧な提供で、注文から少し時間がかかります。

喜多方ラーメン 赤れんが テーブル席
喜多方ラーメン 赤れんが テーブル席

テーブル席、各種ありました。
1人から入りやすいです。

喜多方ラーメン 赤れんが 調味料類
喜多方ラーメン 赤れんが 調味料類

喜多方ラーメン 赤れんが 調味料類
綺麗な感じです。

喜多方ラーメン 赤れんが 店内
喜多方ラーメン 赤れんが 店内

喜多方ラーメン 赤れんが 店内
店内雰囲気。

喜多方ラーメン 赤れんが メニュー
喜多方ラーメン 赤れんが メニュー

味噌は、10月〜3月の提供となっていました。
シンプルなメニューです。

喜多方ラーメン 赤れんが
喜多方ラーメン 赤れんが

レジ横で売られていました。
米やら煎餅やら。

喜多方ラーメン 赤れんが
喜多方ラーメン 赤れんが

赤れんがステッカー 150円。
「赤れんが」は「ラーメン湯治ラリー」の参加店でラーメン湯治ラリーBOOKを持っていくとこのステッカーがもらえます。いただいて帰りました。

外観、住所、地図

喜多方ラーメン 赤れんが
喜多方ラーメン 赤れんが

店の入り口。
来店時、外で遊ぶ人がいましたが、これは食べ終わった客で、すんなりと入れました。
注文して待っている間、この入り口に人だかりができていて、中を覗く来店者で、少しびっくりでした。
いい時間の来店で待ち時間が無くてラッキーでした。

喜多方ラーメン 赤れんが
喜多方ラーメン 赤れんが

喜多方ラーメン 赤れんが、外観
店の前は広いですが、人が沢山いて、楽しんでいます。

喜多方ラーメン 赤れんが
喜多方ラーメン 赤れんが

この庭は赤れんがの店の前です。写真の奥の家はお隣さんです。

喜多方ラーメン 赤れんが
喜多方ラーメン 赤れんが


駐車場前の建物。
赤れんがの店舗はこの奥です。

名称:赤れんが
所在地:〒966-0002 福島県喜多方市岩月町宮津惣社原4181

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました