いとう食堂、食堂だけど、カツ丼一択で超人気店(閉店)

いとう食堂 煮込みカツ丼会津若松
いとう食堂 煮込みカツ丼
このブログの食べ歩きマップ:会津若松近郊編会津広域編

いとう食堂さんは、2019年11月をもって廃業されました。
食べログで確認する限り、最後まで人気店で惜しまれつつの廃業だったようです。
いとう食堂さんに限らず、高齢のご主人のお店はあります。幸運にも跡取りがいる場合もありますし、そうでない場合もあります。美味しいお店が長くあることを願うばかりです。

量は食べ切れるギリギリ、マイベストなカツ丼。

いとう食堂 煮込みカツ丼
いとう食堂 煮込みカツ丼

ソースかつ丼、煮込みかつ丼、各1200円です。
以前、ラーメンとカツ丼がリーズナブルに食べれるお店を探していた時に、「いとう食堂」で見つけて、カツ丼では有名店と知っていたのですが、食堂といいながらカツのみ一択メニューだったので一度パスしていたのですが、来てみて正解でした。

いとう食堂 肉厚
いとう食堂 肉厚

少し汚い写真になってしまいましたが、この肉厚をご覧ください。これでいて噛み切れる柔らかさ、丁寧な仕事ぶりが伺えます。
これだけの肉厚でカツにしているのは「むらい」さんしか知りません。
(むらいさんもすっかり有名店です。昔はお弁当とかもお願いすると作ってくれましたが、今はやってないでしょうね)
豚肉の旨み、程よい脂身の甘味が味わえます。
タレの甘さといい、肉の美味しさといい、ご飯と相まったバランスがいいです。
何よりも、美味しく食べ切れる量のギリギリなのが自分にはよかったです。

会津に住みながら、皆がみんなソースカツ丼派ではありません。自分は子供の時、夏祭りの日の子供会で食べる煮込みカツ丼が大好きでした。
ただ、ソースカツ丼に力を入れる店は多いですし、お客さんもソースカツ丼を頼むことが多いせいか、美味しい煮込みカツ丼にはなかなか出会えません。
最近は、スーパーの煮込みカツ丼の肉質が良くなったことと、甘さ加減といい、だいぶ気に入ってます。お店では、甘めの味付けをするお店が多いように感じます。

いとう食堂 ソースカツ丼
いとう食堂 ソースカツ丼

見た目はソースが少し濃いようにも見えますが、これだけ肉厚があると、ソースが勝つこともありません。酸味、甘味、コクともに煮込みカツ丼と同じくこちらも良いバランスで、キャベツとご飯と美味しくいただけます。

少食の人には辛い量がありますが、牛さんには無い豚さんの美味しさがしっかりと味わえます。これが豚さんの美味しさなんだと再認識できたカツ丼でした。

大切な事ですが、吸い物と漬物もありきたりのものではなく、キチンと「いとう食堂」オリジナルで美味しかったです。

メニュー、店内

いとう食堂 メニュー
いとう食堂 メニュー

カツ丼一択メニュー。
昔っからヒレカツ丼ってありましたか?少なくとも、子供の頃の食堂とかは、ロースだけだったような気がします。
なので、頭っからロース派です。でもそういえば、豚の脂身が苦手な人っています、豚肉が嫌いなわけじゃないけど、脂身は苦手というような人にはいいです。

いとう食堂 家の中
いとう食堂 家の中

店内ではなく、家の中です。
犬、猫はいませんが、鳥はいました。こういう環境下でご飯が食べれない人にはお気の毒です。
どういう事かというと、お店についた時には満席で、外で待ちました。
お店の中は見ていないのですが、カウンターだけのお店だと思います。
呼ばれてついていくと、お店ではなく、お家の玄関が案内されそのまま奥の部屋に行ってくれと言われました。

いとう食堂 家の中
いとう食堂 家の中

奥の部屋へ向かう途中、剥製が沢山ありました。鉄砲ぶちだったのでしょうか。
会津若松市内には銃砲店がありますので、狩猟免許?があれば鉄砲はぶてます。でも、犬がいるな、いらないのかな。
閑話休題
奥の部屋は自宅の一部そのままだと思います、畳で住宅用のテーブルです。
前の客と入れ替わりで入って、まだ、丼類はテーブルの上にありました。
厨房と繋がった部屋になっていて、片付けと配膳はスムースに行われていました。

外観

いとう食堂 暖簾
いとう食堂 暖簾
いとう食堂 店舗
いとう食堂 店舗

くぐらなかった暖簾。
ピーク時にはここに座って待っただろう椅子(雨の日はキツそう)。
住宅地で、周りの道路も狭い所です。

場所 住所、地図

いとう食堂
〒965-0862 福島県会津若松市本町5−10

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました