明治創業の老舗 鰻のえびや 伍代目リニューアルオープン

鰻のえびや会津若松
鰻のえびや
このブログの食べ歩きマップ:会津若松近郊編会津広域編

鰻のえびやは、築百年以上と老朽化した店舗を2020年7月9日にリニューアルオープンしました。お値段もするので敷居は高いのですが、お盆のご馳走にいってきました。
ちなみに築は118年になるという話です。
暖簾には、「伍代目」の文字が、4代目からの代替わりでいろいろな思いが込められてのリニューアルオープンになっています。
にんべんのついた伍代目(五代目)には、
「人の助け、縁、ありがたみに感謝!」
「人(皆様)なくして伍代目成らず!」といった
未来への変わらざる決意と、お店で頂いた口上書にありました。
リノベーションされた建物も必見です。
鰻屋えびや、ではなくて、鰻のえびや。子供にはハードルが高い。

悩みどころいっぱい。月、花、ソースカツ丼、うなカツ丼

鰻のえびや 花とソースカツ丼
鰻のえびや 花とソースカツ丼

写真のようなメニューはありません。これは、メニューの「花」と「ソースカツ丼」です。
うな重のメニューは「月」「雪」「花」「かさね」になっていました。
花 4,500円とソースカツ丼 1,200円を頼んだ息子のものです。
別々に届きましたが、膳に並べました。息子が言うには、かさね 6,500円より安いし量も期待できるからと言う話です。
最初は「雪」3,300円と「ソースカツ丼」にしようとしていましたが、御店主の話で「花」は、鰻が一尾になると聞いて「花」にしてました。
ご飯が辛うじて見えてますが、鰻がみっちりです。

鰻のえびや 肝吸い
鰻のえびや 肝吸い

メニューに肝吸いはありません。
肝は数に限りがあるので「肝焼き」をメニューに載せるとどうしても肝吸いはメニューに載せられないと言うことでした。
今回は肝焼きを頼んではいませんが、900円でした。

鰻のえびや うなカツ丼
鰻のえびや うなカツ丼

うなかつ丼(大) 3,000円です。
うな重とソースカツ丼のセットになります。ソースカツはひれでした。ロースの方が肉の味がすると思っていましたが、こちらのヒレカツは肉が味わえる美味しいヒレカツになっていました。
うなぎは柔らかくフワフワで香りも良いです。タレも上品で美味しいです。スーパーの鰻だとこれくらい食べれば十分ですが、これならもっと食べれます。
量が多いかと思いましたが、どちらも味がくどくないので意外とお腹に入っていきました。

鰻のえびや メニュー「月」
鰻のえびや メニュー「月」

月 2,200円です。「雪」と「月」の大きな違いは「雪」は肝吸いになります。
娘は、肝吸いがいらないと言うことで「月」にしました。
鰻のサイズもだんだん大きくなると言うお話です。

鰻のえびや 白焼き
鰻のえびや 白焼き

白焼き 雪 2,000円です。こちらも、雪、月、花とありました。
白焼きは上品で鰻本来の味が楽しめていいです。

鰻のえびや う巻き
鰻のえびや う巻き

以前の印象では、甘みが強くて鰻の味が希薄と思ってましたが、程よい甘みで美味しくいただけました。

鰻のえびや 徳利
鰻のえびや 徳利

徳利は2合です、会津娘です。
枝豆がつきましたが、この枝豆なら家の方が美味しいです。枝豆は実つきもいいのに、枝豆の風味、味がしませんでした。ちょっと残念でした。

メニュー

鰻のえびや うな重・うなぎ定食メニュー
鰻のえびや うな重・うなぎ定食メニュー

今日のデザートは、スイカでした。

鰻のえびや 単品メニュー
鰻のえびや 単品メニュー

メニューはわかり易いです。
つれあいと息子が言うには、なんか前は、もっといっぱいあったけど、何があったのかは覚えていないということです。

鰻のえびや リキュール果実酒日本酒メニュー
鰻のえびや リキュール果実酒日本酒メニュー

リキュール果実酒、日本酒のメニューです。
会津産の北会津ワイン、会津シードル、スノードロップがあります。
スノードロップはヨーグルトのお酒です。口当たりがよく、普段お酒を飲まれない方も美味しく飲まれるのではないかと思います。
今日は、つれあいと息子で会津娘の純米酒を徳利(2号)でいただきました。
会津娘はしっかりした日本酒なので、白焼きやう巻きによく合います。

鰻のえびや 飲み物メニュー
鰻のえびや 飲み物メニュー

店内

鰻のえびや 玄関
鰻のえびや 玄関

玄関から入ってみたところ。
築年(118年)の雰囲気を残したリノベーションになっています。

鰻のえびや 1F小上がり
鰻のえびや 1F小上がり

1Fの小上がり。待ちリストには、1F、2F、どちらでも、が選べるようになっていました。
この反対側がテーブル席になっていました。

鰻のえびや 1Fテーブル席
鰻のえびや 1Fテーブル席

1Fのテーブル席はこんな感じです。
椅子は重いです、動かせない時はお店の人に動かしてもらおうと思います。

鰻のえびや 踊り場
鰻のえびや 踊り場
鰻のえびや 踊り場
鰻のえびや 踊り場

2Fの事を尋ねたら、ご覧になっていって下さいと言ってもらえたので、見てきました。
踊り場から3つ階段があって、2Fに行くようになっています。
なかなか面白い作りです。

鰻のえびや 猪苗代 襖絵
鰻のえびや 猪苗代 襖絵
鰻のえびや 猪苗代 襖絵
鰻のえびや 猪苗代 襖絵

2Fの猪苗代の間です。
襖に猪苗代が描かれています。京都府宇治市の絵師福井安紀(さだのり)さんによって描かれた襖絵になります。

鰻のえびや 磐梯の間
鰻のえびや 磐梯の間

猪苗代が描かれた襖の反対側には磐梯山が描かれています。磐梯の間です。
こちらにはお客様がおいでで、ちょっと申し訳なかったです。

鰻のえびや 八重の間
鰻のえびや 八重の間
鰻のえびや 八重の間
鰻のえびや 八重の間

八重の間。
どの部屋もエアコン完備で空調はしっかりされてます。

鰻のえびや 葵の間
鰻のえびや 葵の間
鰻のえびや 葵の間
鰻のえびや 葵の間

葵の間は八重の間と同じく座敷になっていました。
お客様が帰られた後で、膳がまだ残っていました。お客様がいる時でなくてよかった。

鰻のえびや 老松の間、天守の間
鰻のえびや 老松の間、天守の間
鰻のえびや 老松の間、天守の間
鰻のえびや 老松の間、天守の間

老松の間と天守の間です。ここにもう1組の襖があるようなのですが、外されていました。襖絵が2枚、鶴ヶ城と会津盆地の街並みがあるようで残念でしたが、次の機会に見せていただきたいと思います。欄間も雰囲気があります。
全体に古い柱や造りが生かされています、最近では日本間を見ることもないのでそれだけでも楽しいです。

外観

鰻のえびや 外観
鰻のえびや 外観

以前の雰囲気そのままだと思いますが、リニューアル前のお店をそんなにマジマジと見ていたわけではないのでよくわかりません。

鰻のえびや 暖簾
鰻のえびや 暖簾

暖簾が新しくて良いですね。
五代目で心気一転らしさが伝わります。

2021.02.10 テイクアウトの案内がされていました。
スペシャルテイクアウト・おうちで贅沢お店ご飯

所在地、地図

ハッピー、さくらパーキング利用でP券発行してもらえます。
営業時間:11:00〜14:30 / 17:00〜21:30
定休日:毎週火曜日、第2水曜日

名称:鰻のえびや
所在地:〒965-0035 福島県会津若松市馬場町1−21 場所:

コメント

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました