食事処の記事について、スタンスの説明や補足や注意事項

食彩 源ちゃん 銀たら刺身定食食事処
食彩 源ちゃん 銀たら刺身定食
興味があればクリック!サイト運営にご協力を
このブログの食べ歩きマップ:会津若松近郊編会津広域編

スタンス、味覚は人それぞれで難しい

人の味覚や嗜好は千差万別で、「食事処」の投稿は自分の味覚や嗜好で書くことになります。
自分や家族は、一般的な東北の人や会津の人よりは薄味嗜好だと思います。つれあいは北海道出身、自分は中部地方(岐阜県)の生まれで(小2から会津)、2人とも会津での食育を受けていません。
出汁は重視します。……そうか、塩っぱいのが好きな人は出汁とかスープへの嗜好割合が減ります、どうしても鈍くなるのだと思います。
娘は極端で、黙って見ていると刺身を醤油を付けずに食べたりしてます。これはこれで味オンチなのでしょうか、醤油、美味しいのに。

アイキャッチ画像は、食彩 源ちゃんの「銀たら刺身定食」1,280円です。
詳しくは、「食彩 源ちゃん CPはマイトップレベルのランチ – 会津若松」をご覧ください。

お店の料理の写真は、何回か行っての写真を使っていたりしますので、必ずしも同じ日の写真ばかりではありません。お店の投稿日は記事にした日の直近最後に伺った日になっています。最近では記事を分けて(まとめないで)書いてあげてます。

ラーメン

会津では、ラーメン、ソースカツ丼のお店が非常に多いです。喜多方ラーメンは日本3大ラーメンの一つとされていますが、ラーメンは会津一円でよく食べられています。会津のラーメンは太縮れ麺がスタンダードですが縮れ具合も太さも様々です。スープは醤油が基本ですが、西会津は味噌ですし、自分はよくタンメンを食べますが、タンメンだと塩が多いです。塩といえば、裏磐梯で採れる「山塩」を使った山塩ラーメンを出されるお店もあります。太縮れ麺が口に合うようでしたら、どのスープでも美味しくいただけるとは思います……なんて事はありません、やはり好みによるものなので、しょっぱい、甘い、くどい、臭い(出汁が自分に合わない)といろいろあるでしょう。

蕎麦

蕎麦も美味しいと思います。喜多方市の山都(やまと)町は蕎麦処の激戦地ですが、いつ行っても並んでいる印象です。
西会津も蕎麦が美味しいイメージがあります(お店でない所で食べています)や坂下にも美味しいお店があります。
会津のお蕎麦屋さんは、決まって高遠(たかとお)そばがありますが、全国的には珍しいようです。高遠そばを頼むと辛み大根の汁がついてきます。

食べログ

画像や文章についてですが、食べログにneuRという名で投稿しています。neuRページ
なので、写真は同じものであったり、文章(感想)は同じようなものになったりします。同一人物という事でご了解ください。
食べログには点数を付けますから、自分にとってこのお店は何点という意思を示せてますので文章を載せるのは意外と楽です。他の店との比較とかは出してません。
お店の事はできるだけ多くのことを、これから訪れる人に伝えられる様に努めてます。それでも、悪いところは書かなかったりオブラートに包んだり、いいところを探して書いたりしたりしますので、相対評価を読み取るのは大変かもしれません。身勝手にも書き込みの熱意から是非に読み取ってもらいたいと願うところです。
2020.9.20以降は、ブログからの投稿にしました。そう言う事ができると知らなかったものです。

そのほかページ

会津の郷土食については別にまとめてますのでご覧ください。
食事処の記事についてのアーカイブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました