松本家本店 老舗ようかん店 水ようかんとみに羊羹をお土産に

松本家本店銘菓
松本家本店
興味があればクリック!サイト運営にご協力を
このブログの食べ歩きマップ:会津若松近郊編会津広域編

文政2年創業。文政2年っていつ

この日、卯之家(うのや) で食事をしましたところ、松本家本店の割引がもらえると言うことで、割引(棒羊羹の空包みに「割引」と書いてある)券をもらって、羊羹を買いに行きました。


文政2年創業の老舗です。文政はウイキペディアによると、文化の後、天保の前……全くわかりません。文政2年は1819年です。
文政2年(1819年)は、8代藩主の松平容敬(まつだいら かたたか)公が、火災により焼失した蚕養国神社の社殿一切を再建した年です……会津の人の常識です。そんなわけはありませんが、大昔ってことです。

東山温泉街は、湯治場でもあり、町場との中継点でもある場所

東山温泉の開湯は8世紀後半(約1,300年前)、湯治場として人が訪れていたこともありますが、東山奥の集落との中継点でもあったようです。そんな湯治客や町場と行き来する人の為に田舎羊羹(現在の水ようかん)を作って供したのが始まりで、初代が「松本家」と屋号を定めたとあります。

松本家本店 あい姫、湯の花羊羹
松本家本店 あい姫、湯の花羊羹
松本家本店 あい姫羊羹案内
松本家本店 あい姫羊羹案内

お店に入って右側に「あい姫」「湯の花羊羹」。
羊羹にもいろいろあってびっくりです。
あい姫ようかんは、小さい羊羹で幾つかの味があるようです。平成元年 全国菓子博覧会会長賞受賞。
以下の5色、5味がありました。
 煉(赤)
お茶(緑)
コーヒー(青)
ミルク(黄色)
黒糖(紫)
湯の花羊羹は、おなじみの棒羊羹です。

松本家本店 水羊羹、みに羊羹
松本家本店 水羊羹、みに羊羹

店舗正面のウインドウ。初代から続く水ようかんを外せないとして、私達は水ようかんとみに羊羹を買いました。
みに羊羹は、
栗(570円)
くるみ(570円)
小倉(420円)
挽茶(420円)
煉(420円)
があってくるみを買いましたが、ものすごく風味と味がして美味しかったです。

松本家本店 みに羊羹
松本家本店 みに羊羹松本家本店 みに羊羹松本家本店 みに羊羹

みに羊羹は箱も洒落てました。

松本家本店 みに羊羹1
松本家本店 みに羊羹1

松本家本店 みに羊羹2
松本家本店 みに羊羹2

珍しくはありませんが、こう言うのってなんかワクワクします。

松本家本店 みに羊羹3
松本家本店 みに羊羹3
松本家本店 みに羊羹4
松本家本店 みに羊羹4

変形ロボ風、頭いいよねって思ってしまいます。
閉じるところの斜めカットがアイデアです。

松本家本店 店舗内左壁
松本家本店 店舗内左壁
松本家本店 店舗内左壁
松本家本店 店舗内左壁

店舗入って左の壁には賞状が飾られてました。お店に歴史ありです。

松本家本店 駄菓子
松本家本店 駄菓子

駄菓子です。惹かれます。買っちゃう人はいるでしょう。

松本家本店 赤べこ石
松本家本店 赤べこ石
松本家本店 赤べこ石アップ
松本家本店 赤べこ石アップ

写真を撮っていたら、お店の人が出してくれました。
お客様から頂いたという「赤べこ石」。
座布団はお店で用意されたのでしょうか、おさまりがいい感じです。

松本家本店 小法師コーン
松本家本店 小法師コーン
松本家本店 ミニ小法師コーン
松本家本店 ミニ小法師コーン

お店の前にあった小法師コーン、起き上がれないでしょうね。「倒れない」が売りに慣ればいいのですが。
店内にはミニ小法師コーンがありました。ストラップ付きと、ストラップ無しです。
ストラップ無しを買ってしまいました。なんか「負けた」って感じです。可愛いですから。

公式サイト、所在地、地図

水ようかんの松本家

お近くのスポット

名称:松本家
所在地:〒965-0814 福島県会津若松市東山町大字湯本居平123
場所:

コメント

タイトルとURLをコピーしました