工芸

会津の工芸品を紹介していこうかと、会津漆、会津木綿、会津絵蝋燭・・・と、伝統工芸ばかりではなく、広く見ていきたいと思います。

工芸 郷土料理 銘菓

興味があればクリック!サイト運営にご協力を
工芸

会津絵ろうそく本舗 山田商店

会津絵ろうそく本舗 山田商店は、会津若松市で4店目の絵ろうそく製作店になります。絵ろうそくを買おうとしたら製作するお店だったわけです。せっかくでしたので売っていただきました。
工芸

古布・民芸品 笑美(わらび) で赤べこ買いました 会津若松

弟の家族に赤べこを買って送りました。会津で張子を作り始めて140年以上(工芸所としては50年以上)の歴史を持つ荒井工芸所さんの販売を行われている、古布・民芸品 笑美(わらび)さんで購入です。
2020.11.18
工芸

会津の天神様

会津の天神様は、胴体が張子で作られた人形で、今から四百年余り前、会津藩主、蒲生氏郷(がもう うじさと)公が作らせたのが始まりとされています。桃の節句に、お雛様の他に「会津天神様」を飾る風習があったそうですが、ウチでは年中飾ってあります。天...
2020.09.08
工芸

[会津]起き上がり小法師(こぼし)。縁起物で無病息災や家内安全に。

起き上がり小法師(こぼし)は愛らしい面に七転び八起きの精神を宿す縁起物で、無病息災や家内安全を願う会津の伝統工芸品。会津では初市に買い求め、前の年の物は斉の神でお焚き上げしますが、ずっと置いておいても良い物で、贈り物にも喜ばれています。
2020.05.21
工芸

会津の赤べこ 疫病退散(ウイルス除け)

赤べこは、福島県会津地方の和紙で作られた郷土玩具でしたが、「幸せを運ぶ牛」「子どもの守り神」として今でも置物としてどこの家でも目にすることができます。子供が生まれた際にも「強く育ちますよう」「健康に育ちますよう」という願いから手に入れる事もあります。
2020.07.26
工芸

会津木綿のマスク

会津盆地に育った木綿。会津木綿は風土に根ざした郷土色のある布地で、夏は風通しがよく、冬にも冷たくない、肌触りの良いのが特徴です。今回は会津木綿のマスクを手に入れたのでご紹介。繰り返しの洗濯にも強く、染めも綺麗でお洒落なのが気に入りました。
2020.05.21
興味があればクリック!サイト運営にご協力を
タイトルとURLをコピーしました